記事の個別表示
タイトル  「2022年7月13日 柿生の峰を巡る」報告
本文  

3M悠々クラブ“ウォーキングの会”

「2022年7月13日 柿生の峰を巡る」報告

 神奈川県川崎市と東京都町田市を分ける県境に延びる小さな尾根があります。開発が激しい多摩丘陵にあって、今も里山の面影を残すこの尾根を巡ります。
 昨夜からの雨が残り小雨のぱらつく2022年7月13日(水)午前10:00、小田急多摩線黒川駅改札口に集合しましたが、さすがに雨のため精鋭9名でのウォーキングとなりました。

 コースは大半が土の山道でアップダウンがあるため、滑って危険なことを周知徹底して傘を差しながらスタートしました。
 駅から5分ほど歩き黒川青少年野外活動センター入口に到着、この入口の手前から栗木緑地を目指します。栗木緑地は川崎市栗木と町田市真光寺との尾根境に沿って続いている細長い緑地で尾根道の林道から木々を通して周辺の街並みが見え隠れし、景色の変化を楽しみながらウォーキングすることが出来ます。道は細いため、どうしても草木に付いた雨がズボンやシャツを濡らしてしまいますが仕方がありません。途中に果樹園もあります。約15分歩くと広い場所に出ました。
 そこが真光寺公園という公園で、ここでトイレ休憩を含めて小休止し池の亀を観察しました。昔はこの池には噛み付き亀などの外来種が多くいたのですが、水を抜いて外来種の動物を駆除したため、今は小さな亀や鴨や鯉などがのんびり暮らしています。ここで池を背景に記念撮影をしました。

 

ここから通常の歩道を歩いてから再び栗木緑地に入り、林の中を歩きました。途中見晴らしの良い場所もあり、天気が良ければ大山や遠く富士山も見えるのですが残念ながら雨で見えませんでした。 約20分歩いて栗木緑地を抜けると、鶴川台尾根緑地に入ります。ここでも見晴らしの良い場所がありますが残念。鶴川台尾根緑地を約10分歩くと緑地は終わりました。ここまで滑って転ぶ人もなく無事に山道を終えることが出来ました。

 ここから片平川を目指します。途中に川崎フロンターレの練習場があり選手がトレーニングしていました。片平川に着き、この川沿いを20分かけて柿生駅まで向かいましたがようやく雨もやみ傘を閉じることが出来ました。途中にある片平中村通公園でトイレ休憩をして柿生駅に無事到着しました。
 所要時間1時間45分 約九千歩のウォーキングでした。

次回は「渋川。加瀬を巡る」というコースです。
日  時:8月25日(木)
集合時間:10時 雨天決行
集合場所:東急東横線/南北線 元住吉駅改札口
元住吉駅から新川崎駅へと続くこの遊歩道は、渋川から矢上川を通り、夢見ヶ丘動物公園を巡るコースとなっています。夢見ヶ丘動物公園にはレッサーパンダ・ラマ・クモザル・アメリカアカリス。ホンドタヌキ・シマウマ等のかわいい姿を楽しむことが出来ます。また神社・寺・古墳もあり楽しめます。
ご参加、心よりお待ちしております。

 川俣 裕章 記

...11121314151617181920...